開催概要

マルチプロジェクト編では、「パイプラインマネジメント」、「フルキット」、「バッファマネジメント」というCCPMの3つのアプローチで、組織的に“悪いマルチタスク”を防止し、組織全体のパフォーマンスアップを実現する方法をご紹介します。

セミナー名 【マルチプロジェクト編】CCPM導入セミナー
日時 2021年2月17日(水)
15:30~17:00
会場 オンライン(Web会議システム) ※質疑応答時間を設ける予定ですので、マイクが使用できる環境でのご参加を推奨します。
定員 20名
※定員になり次第締め切らせていただきますのでご容赦ください
対象 経営層、本部長、部長職、PMO、プロジェクトマネージャー 他
※複数名でのご参加も大歓迎です。お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。
※同業他社の方、研修講師業の方のご参加はお断りさせて頂きます。
内容 皆さんは“悪いマルチタスク”という言葉をご存知ですか?
※ご存知ない方はこちらのコラムをご覧になって、“悪いマルチタスク”をぜひ体験してみてください。
URL:https://toc-consulting.jp/column/20201216-2/

マルチプロジェクト環境では、シングルプロジェクト環境よりも広い視野を持って悪いマルチタスクの防止対策を講じる必要があります。
CCPMには「パイプラインマネジメント」、「フルキット」、「バッファマネジメント」という3つの重要なアプローチがあり、これらのアプローチによって悪いマルチタスクを防止します。

多くのプロジェクトには、複数のチェーンが合流して大量の業務が集中することで、「プロジェクトが停滞しやすいフェーズ(統合フェーズ)」があります。
パイプラインマネジメントは、統合フェーズを担うリソースが悪いマルチタスクに陥ることを防ぐために、統合フェーズが同時期に重ならないようにプロジェクトの投入時期を調整するアプローチです。実行中のプロジェクト数が組織のキャパシティ内の適正な数量に保たれるので、統合フェーズにおけるプロジェクトの停滞を防ぎ、リードタイムの短縮化を実現できます。組織内がプロジェクト/タスクで溢れかえることがなくなり、悪いマルチタスクに陥ることがなくなります。

「フルキット」は、プロジェクトやタスクについて、着手から完了まで一気に進められるような準備万端の状態でなければ着手しないということを組織として当然の状態にするアプローチです。準備万端でなければ着手しないのは“当然”かもしれません。しかし、皆さん周りでは大きな手戻りや待ち時間が発生してはいませんか?大きな手戻りや待ち時間が発生しているのであれば、“当然”のことができていないのかもしれません。
大きな手戻りが発生すると、実行中のタスクを中断して火消し対応をしなければならないことが多いです。待ち時間が多いと、手隙の状態を解消しようとして違うタスクに着手することが多いです。いずれも悪いマルチタスクに陥る原因です。
スタートからゴールまで一気に走り切るために、フルキットの重要性を今一度お考え頂ければと思います。

「バッファマネジメント」は【シングルプロジェクト編】でもご紹介しております。
※シングルプロジェクト編のセミナー紹介ページはこちら
URL:https://www.toc-ccpm.net/seminar/20210210

マルチプロジェクト環境においては、多くのプロジェクトの中から「マネジメントを集中すべきプロジェクト」と「マネジメントを集中しなくても良いプロジェクト」を区別して把握しなければなりません。大量に送られてくる報告メールを1つ1つ隈なくチェックし、客観性を担保しつつマネジメントの要否を判断しようとするとどれだけ時間があっても足りません。
バッファマネジメントを導入すると、組織内のプロジェクトが状況に応じて色分けされるのでマネジメントの要否を瞬時に把握できます。そして、緑プロジェクトからリソース補強要員を確保して赤プロジェクトに手厚い支援を行うといったようなプロジェクト横断的な対策も、迅速、かつ、適切に判断できるようになります。
優先度の高いプロジェクト/タスクに集中させることができるので、悪いマルチタスクの発生を抑制することができます。

本セミナーでは、CCPMによるシングルプロジェクトマネジメント方法(概要)とマルチプロジェクト環境における「パイプラインマネジメント」「フルキット」などについてご紹介します。

少しでもご興味をお持ちくださった方は、奮ってご参加ください。
※ 「【新知識:UP-CCPM】不確実性が高すぎる上流プロセス向けCCPMセミナー」も別途開催予定です。併せてご参加ください。
※ 複数名でのご受講も大歓迎です。「周りのメンバーと一緒に見たい」「上司や同僚にこの考え方を広めたい」という方や周りにプロジェクトマネジメントにお困りの方がいらっしゃる方は、お誘い合わせのうえ、ぜひご参加ください。

◆ご留意事項◆
本セミナー冒頭でシングルプロジェクトにおけるマネジメントのポイントについての概要をご説明する予定ですが、より深く理解したいという方は、弊社開催の「【シングルプロジェクト編】CCPM導入セミナー」を事前にご受講して頂くことをお勧めします。
アジェンダ ・CCPMによるプロジェクトマネジメント(シングルプロジェクト環境) ※冒頭で概要をご紹介します。
・CCPMによるプロジェクトマネジメント(マルチプロジェクト環境)
・Q&A ※ご希望の方は1対1でのブレークアウトセッションも対応致します。
(Teamsにはブレークアウト機能がありませんので、別途対応致します。)
講師 弊社コンサルタントが務めます。
受講料 無料

*セミナー内容や講師は予告なく変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

開催終了いたしました。こちらから他のセミナーをご覧ください。
LINEで送る
Pocket