開催概要

経営判断には大きな責任が伴うため、じっくりと慎重に行う経営者が多いです。しかし、経営判断の遅れやミスは、組織全体のパフォーマンスを著しく低下させてしまう要因の1つです。迅速、かつ、的確な経営判断を実現し、組織の機動力/生産性を向上させましょう。

セミナー名 【経営判断の遅れ/ミスが命取りに…】的確な経営判断を倍速で実現するプロジェクトマネジメント革新セミナー
日時 2022年6月15日(水)
15:00~16:00
会場 オンライン(Web会議システム) ※質疑応答時間を設ける予定ですので、マイクが使用できる環境でのご参加を推奨します。 ※入室時にチェックを行いますので、フルネームでのアカウント登録をお願い致します。 ※セミナー途中での入退室に制限はありません。ご都合に合わせて自由に出入り可能です。
定員 人数制限はございません。
※規定人数未満の場合には中止とさせて頂く場合がございます。予めご了承願います。
対象 経営層、本部長、部長職、PMO、プロジェクトマネージャー 他
※複数名でのご参加も大歓迎です。お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。
※同業他社の方、研修講師業の方のご参加はお断りさせて頂きます。
内容

ご自身や周囲で、こんな経験をしたことはありませんか?

・現場から情報がなかなか上がってこなくて経営判断が遅れた
・客観性に欠ける情報ばかりで、情報整理に多くの時間を費やさざるを得なかった
・拠り所になる情報が不足したまま、大きなリスクを覚悟で経営判断せざるを得なかった

組織を束ねるマネージャーは、様々な場面で、組織にとって全体最適となる経営判断を迅速、かつ、的確に行うことが求められます。しかし、経営判断のスピードと適切性はトレードオフの関係にあります。

「迅速な経営判断」を重視して、情報が整理しきれていないまま経営判断をすると、誤った選択をして組織に大きな損失を与えるリスクを抱えることになります。
そのため、多くの組織の経営層や上位マネージャーは「的確な経営判断」を重視して、時間を掛けて情報を収集/精査する傾向が強いです。しかし、慎重になりすぎて経営判断が遅れると、組織は機動力を失い、組織全体のパフォーマンスが低下します。

本セミナーでは、経営判断に必要な情報をリアルタイムで見える化することで、「迅速、かつ、的確な経営判断」を実現し、組織の機動力を向上させためのプロジェクトマネジメントの仕組み構築のプロセスをご紹介いたします。

<CCPM導入による改善事例>

<組織改善に対する“生の声”>

 

■『Project Management進化論 クリティカルチェーン・プロジェクトマネジメント』好評発売中(プレジデント社)
数々の成果を生み出してきた経験豊富なコンサルタントが20年以上に渡って培ってきた知識、経験、ノウハウを詰め込んだプロジェクトマネジメントの実践者向けバイブルと言っても過言ではない1冊になっています。
https://www.amazon.co.jp/dp/483345193X

※書籍のご紹介動画

■YouTubeでもプロジェクトマネジメントのお悩み解決ポイントをご紹介しています。
YouTubeチャンネル『プロジェクトマネジメントカフェ』

5分で分かるCCPM#06:“悪い”マルチタスク

 

間違いだらけのプロジェクトマネジメント#07:自分さえよければそれでいい?

 

 

※他にもプロジェクトマネジメントに役立つ知識をご紹介しております。

チャンネル登録・イイねをお願いいたします。

アジェンダ ・弊社紹介
・TOC(制約条件の理論)/CCPMとは
・組織のフローを最適化する
・パイプラインマネジメント
・フルキット
・バッファマネジメント(マルチプロジェクト)
・経営判断を倍速化する
・Q&A ※ご希望の方は1対1でのブレークアウトセッションも対応致します。
講師 弊社コンサルタント
受講料 無料

*セミナー内容や講師は予告なく変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket