開催概要

シングルプロジェクト編では、プロジェクトやタスクを赤・黄・緑の3色に「色分け」して、プロジェクトの危険度やタスクの優先順位を見える化し、いま最優先でやるべきことに集中することでプロジェクト早期完了を実現する方法をご紹介します

セミナー名 【シングルプロジェクト編】CCPM導入セミナー ※CCPM専用ツール実演予定
日時 2020年7月1日(水)
15:30~17:00
会場 オンライン(Web会議システム) ※質疑応答時間を設ける予定ですので、マイクが使用できる環境でのご参加を推奨します。
定員 20名
※定員になり次第締め切らせていただきますのでご容赦ください
対象 プロジェクトマネージャー、PMO、部長職、本部長、経営層、他
※複数名でのご参加も大歓迎です。お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。
※同業他社の方、研修講師業の方のご参加はお断りさせて頂きます。
内容 皆様や皆様の周囲の方は、このようなお悩みを抱えていらっしゃいませんか?

【タスクの優先順位が見える化されておらず、最優先のタスクが分からない】
【メンバーよって報告内容がバラバラで、プロジェクトの危険度が分からない】
【リモートワークの導入により、メンバー間の連携が不足して業務効率が低下している】

このような問題でお悩みの方は、CCPMの導入をぜひご検討ください。

CCPMのアプローチの1つに、タスクの進捗状況を「あと●日」で報告することをメンバー全員の共通ルールとし、プロジェクトの見込み残日数と納期を勘案して、プロジェクトやタスクを危険度/優先度に応じて、赤(危険)・黄(要注意)・緑(安全)の3色に「色分け」するというものがあります。

タスクが色分けされていると、プロジェクトメンバーの誰であっても、どれが優先すべきタスクなのかを一律で同様に判断できるようになります。そして、優先順位の高いタスクから順番に集中して取り組んでいくことによってプロジェクトの早期完了が実現できます。

プロジェクトが色分けされていると、プロジェクトマネージャーは、プロジェクト停滞の危険な兆候を検知して、先回りで対策の立案・実行ができるようになります。プロジェクトにおける課題の早期発見・解決は、プロジェクトの早期完了につながります。

この「色分け」は視覚的なアプローチであり、リモートワーク環境におけるプロジェクト管理にも非常に適合しやすいものといえます。(※東京アラートや大阪モデルも視覚的アプローチですね。)

本セミナーでは、CCPMの土台となるTOCの考え方やCCPMの基本概念、そして、シングルプロジェクト環境における「バッファマネジメント」の方法などをご紹介します。
また、実際の導入イメージを掴んで頂きやすいように、BeingManagement3(CCPM専用ツール)の簡易的な実演も実施予定です。

少しでもご興味をお持ちくださった方は、奮ってご参加ください。
※ 「【マルチプロジェクト編】CCPM導入セミナー」や「【経験豊富なチーフコンサルタントによる事例紹介】TOC/CCPM導入事例セミナー 」も別途開催予定です。併せてご参加ください。
※ 複数名でのご受講も大歓迎です。「上司や同僚にCCPMの考え方を知ってもらいたい」という方や、周りにプロジェクト管理にお困りの方がいらっしゃるという方は、お誘い合わせのうえ、ぜひご参加ください。

※規定人数未満の場合には中止とさせて頂く場合がございます。予めご了承願います。
アジェンダ ・TOC/CCPMとは?
・CCPMによるプロジェクト管理(シングルプロジェクト環境)
・CCPMツール「BeingManagement3」実演
・Q&A
※ご希望の方は1対1でのブレイクアウトセッションも対応致します。
講師 弊社コンサルタントが務めます。
受講料 無料

*セミナー内容や講師は予告なく変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

開催終了いたしました。こちらから他のセミナーをご覧ください。
LINEで送る
Pocket